kchalog

のんびりしたい自分のための、なんでもない雑記帳。

二刀流。

 

スマホやパソコンを持ち歩く上で、充電機器などはどうしてもかさばってしまいます。ケーブルやアダプター、モバイルバッテリーなどで、バッグやポーチがパンパンに膨れてしまうということもありがちな例。

なるべくなら持ち運ぶモノの数を減らして、快適なガジェットライフを送りたいものです。

 

 

 

そんな願望を叶えるため、我が持ち物に新たな仲間を迎えました。

f:id:minikcha:20170912231405j:image

 

ANKERのPowerCore Fusion 5000。

5000mAhのモバイルバッテリーに、PowerIQを搭載の急速充電アダプタが一体となった製品です。

 

バッテリーとアダプタが一体化しているので、室内ではACアダプタとしてスマホ等への充電を行い、屋外に持ち出す時にはモバイルバッテリーとして活用できます。

これが本当に優秀な点なのですが、アダプタとして使いながらバッテリーに同時充電されるので、「モバイルバッテリーに充電しなきゃ」という意識が無くなります。私の場合、iPhonesurfaceを充電すれば事足りるわけですから。

f:id:minikcha:20170912234228j:image

(↑Kindleを充電中。同時にモバイルバッテリーにも充電されています。)

 

 

本体の大きさもちょうど手のひらサイズで、持ち運びに困ることもありません。

 

USBポートもふたつあるので、複数のガジェットを同時に充電することも可能。私は普段、iPhonesurfaceKindleBluetoothスピーカーを持ち運ぶことが多いので、これから先お世話になる機会も多そうです。

 

3000円以下と、5000mAhのモバイルバッテリーとしては平均的な価格帯であるのも魅力的。

 

ミニマルなデザインに詰まった、バッテリー機能と高速充電機能。今後長い目で見ても大谷翔平クラスの二刀流選手であることは間違いないでしょう。

 

 

 



広告を非表示にする